大手ハウスメーカーの展示場に行くときのチェックポイントをご紹介!

公開日:2022/04/15  最終更新日:2022/04/13


家の購入を考え始めたら、訪れたいのがハウスメーカーの展示場です。住宅に関する疑問を解消したり、プランをより具体化したりするのにも、欠かせないステップですよね。そんな住宅展示場、何も準備せずに行こうと思っている方、少々お待ちください。実は展示場に行く際のポイントというのがあるのです。ぜひ一緒にチェックしましょう。

大手ハウスメーカー展示場に行く前のポイント

ハウスメーカーに行く前は、まず情報収集はマストです。「とりあえず行ってみる」という姿勢では時間が無為に過ぎてしまいます。住宅に関するある程度の知識は入れて置くとよいでしょう。ある程度というのは、住宅メーカーのカタログを読んでおくくらいで大丈夫です。

ただ、カタログは複数メーカーから取り寄せるのがおすすめです。各メーカーでの強みは異なるため、比べながら読んでいくと違いが明確でわかりやすいですよ。こうして情報収集していくと取り入れたい設備などがわかり、自分の理想とする家がだんだん頭の中でできあがってきます。

ここまで来たら、次のステップです。カタログではわかりにくいところ、もっとよく知りたい箇所を書き出していきます。こうすれば、展示場でも効率よく見ていくことができます。あとは、実際に見に行く展示場を決めるだけです。もし建設予定地が決まっているのであれば、その近くの住宅展示場にしましょう。地域に合った住宅プランをすすめているうえ、場所ごとに条例や規制は異なるからです。

ちなみに一日で回るモデルハウスは、3軒くらいがベストです。担当者と話して諸々質問していると、1軒あたり1時間以上はかかります。後半疲れてちゃんとチェックできなかった、なんてことにならないよう、多くて4軒を目安にしておきましょう。スケジュールどおりに進めたい場合には、モデルハウス見学は予約しておくことをおすすめします。

大手ハウスメーカー展示場に行ってからのチェックポイント

さて、ハウスメーカー展示場へやってきました。リストアップしていた点についてはもちろん、展示場に来たからこそわかる点をどんどん見ていきましょう。

まずは、サイズ感です。天井の高さや収納の大きさ、台所の高さなど、チェックしていきます。大きさは、たとえば「1m52cmです」などと数字でいわれて、メジャーを引っ張ってみても、体感するのは難しいものです。数字で理解するのではなく、実際に見て「大きいな」「低いな」などと自分で感想を持つことが大切ですよ。

サイズ感が分かったら、今度は動線を確認しましょう。住宅展示場にある家は、普通の住宅と同じような作りになっています。そこで、なるべくリアルな生活に近い動きをしてみるのです。そうすると、部屋や家具の配置が自ずと決まってきますよ。

住宅のこと以外では、営業担当者についても感想を持てるとよいです。というのも、もし住宅をそのメーカーで作るとなったら、その担当者と1年ほど付き合っていくこととなります。やりづらい人だとコミュニケーションも疎かになり、よい結果を生みづらいものです。営業担当に対してなにか疑問に思ったら、その感覚は大事にしましょう。

展示場に行った際、多くの人が価格のギャップに驚く

いざ展示場に行ってみると、もしかしたら値段の高さにびっくりするかもしれません。考えていた相場と違ったがゆえに、「勉強不足だったのかな」と思ってしまいがちですが、そうではありません。

実は住宅展示場は価格が高く設定されているのです。展示場に出店するのは、結構なお金がかかります。通常通りの価格設定で住宅を売り出してしまうと、採算が合わないという状況に陥るのです。そのために、坪単価を上げて出店をしているわけです。そのため、展示場の値段がすべてだとは思わずに見ていくとよいですね。

展示場見学が終わったらやるべきこと

展示場を見て帰ってきた後も、やってもらいたいことがあります。それは情報の整理です。一日に数軒見ていると、大切なポイントも忘れていってしまいます。見たばかりのハウスメーカーに対する感想の方が鮮明で、先週見たメーカーとの比較がうまくできないものです。

そこで、自分が仕入れてきた情報やそれについてどう思ったかなど、資料にコメントを残しておくことが大切です。写真もあると、思い出しやすいですよ。また、住宅にかけるお金について、再度話し合うことをおすすめします。

展示場で営業の人にいろいろすすめられると、考えていた予算を越えてしまっても「まあいいか」なんて流されてしまいがちです。予算のリミットはどこか、家族で共通認識を持っておきましょう。頭金やローンの返済計画なども、この時に明確にしておきます。住宅購入の決定的なスタートをきるのに、重要な一歩ですよ。

 

住宅展示場に行くのは骨が折れる過程ではありますが、直に家や住宅設備を見て湧いてくるイメージ・疑問もたくさんありますよね。より意義のある展示場見学にするためにも、知識やチェックポイントは事前に押さえて行きましょう。妥協せず、よい暮らしづくりを展示場からスタートさせてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

マイホームの購入は、一生で一番大きな買い物と言われます。そのため、後悔しない買い物にしたいですよね。その中でも新築と中古のどちらの物件を購入すれば良いのでしょうか。新築と中古それぞれに魅力や
続きを読む
家の購入を考え始めたら、訪れたいのがハウスメーカーの展示場です。住宅に関する疑問を解消したり、プランをより具体化したりするのにも、欠かせないステップですよね。そんな住宅展示場、何も準備せずに
続きを読む
なにかを買おうと思ったとき、「この人売り込み強いな」という営業担当者っていますよね。その商品が本当に欲しくても、なんだか不信感を持ってしまうこともあります。でもその感覚は、住宅購入時にはとく
続きを読む