新築一戸建ての内装選びの大まかな手順を確認!注意点はどこ?

公開日:2022/02/15  最終更新日:2022/02/21


新築一戸建ては間取りを自由に選ぶことができ、内装の色合いや家具なども好みに合わせて選ぶことができます。しかし、内装選びは難しく、悩んでしまう人も少なくありません。内装デザインにはさまざまな種類があり、どのような内装にしたらよいかわからないという方も珍しくありません。そこで、今回は内装選びの手順や注意点を紹介します。

新築一戸建ての内装選びは難航しがち!

新築一戸建ては間取りや設備などを自由に決められるのが醍醐味です。さらに、内装のデザインも自由に決めることができるので、希望の空間を作り上げることができます。しかし、実際は内装選びが非常に難しく、難航しがちなのです。

内装選びが難航しがちな理由として「デザインの多さ」が挙げられます。たとえば、和テイストにするのか、ヨーロピアンな雰囲気にするのか、アメリカンな雰囲気がよいのか、ナチュラルテイストがよいのかなど、デザインの種類が多すぎるのです。そのため、どのようなデザインにしたらよいか迷ってしまい、なかなか内装選びが進まないといったことも珍しくありません。

新築一戸建ての内装デザインの種類

内装デザインには和テイストやナチュラルテイストなど、さまざまな種類があります。

モダンテイスト

モダンテイストのデザインはシンプルでありながらも、高級感のある仕上がりが特徴的です。また、最近では和テイストとミックスさせた和モダンデザインが流行ってします。

ナチュラルテイスト

木材や優しい色をふんだんに使って仕上げたのがナチュラルテイストの特徴です。温かみが溢れる家具や小物をうまく配置することで、家全体を優しい雰囲気にできます。

シックテイスト

黒やグレー、ネイビーなどのダーク系の色を基調としたデザインなのがシックテイストです。シックテイストは、高級ホテルのようなホテルライクな仕上がりになり、重厚感があるデザインが特徴です。

海外テイスト

海外テイストといっても、アジア系やヨーロッパ系、アメリカ系など、さまざまなジャンルがあります。日本のデザインとは異なり、海外の要素を多く採り入れたデザインが海外テイストです。

新築一戸建ての内装選びの大まかな手順

内装選びをはじめる際に重要なのはたくさんのデザインを見ることです。どのようなデザインがあるのか、どのようなデザインが好みなのかを、たくさんのデザインを見ることで知ることができます。そのため、雑誌やカタログ、モデルハウスなどから好みの内装デザインを見つけておきましょう。

そして、好みのデザインが見つかったら、家族で内装の方向性を決めていきます。とくに家族内で意見がわかれてしまう場合は、どこかで妥協点を見つけて方向性を定めることが大切です。もし家族内で意見がまとまらない場合はハウスメーカーや工務店に相談して、どのようなデザインがよいのか、相談してみるのもおすすめです。

そして、デザインの方向性が決まったら、実際に床や天井、壁などの色を決めていきます。最近のクロスはデザインや色が豊富にあります。さらに、床についてもフローリングや無垢材、タイルなど、材質や色、見た目が異なるものが非常に多いです。そのため、実際のサンプルを見ながら、どれがよいか決めていくことがポイントです。

ある程度の色味が決まったら、キッチンや建具などの住宅設備を決めていきます。住宅設備にもカラーバリエーションが多いものがあり、床や壁などの色に合わせて決めることが大切です。もし、イメージがつきにくい場合は3Dシミュレーションなどを使用して、どのような仕上がりになるのかサンプルを見ながら決めていくのがよいでしょう。

住宅設備が決まったら、照明を決めていきます。内装選びの中でももっとも大切なポイントの一つといえるのが照明です。どこにどのような照明を配置するのかで、家全体の雰囲気がガラッと変わります。

工務店やハウスメーカーによっては、照明レイアウトを専門にしているスタッフが在籍しているので、一度相談してみるのもよいでしょう。そして、全体的に設備や色などが決まったら、カーテンや家具を決めていきます。家の雰囲気や色などに合わせて、ぴったりのカーテンや家具を選ぶことで、さらに統一感のある仕上がりになります。

新築一戸建ての内装を選ぶ際の注意点

内装選びで気を付けておきたい注意点は「トータルバランスを考える」ということです。床や壁、キッチンなど、バラバラに決めてしまうと、仕上がったときに全体のバランスが悪いということも珍しくありません。そのため、シミュレーションなどを使用して、全体的にどのような仕上がりになるのかを確認しながら決めていくことが大切です。

また、実際のサンプルを見ながら決めていくのもよいでしょう。ハウスメーカーによってはサンプルを用意しているところもあり、実物を見ながら内装デザインを決めていくことができます。

まとめ

新築一戸建て間取りや設備を自由に決められるのはもちろん、内装デザインも好みに合わせて決めることができます。しかし、どのようなデザインにしたらよいかわからないという方も多いです。そこで、まずはどのようなデザインにしたいのかたくさんのデザインを見て決めていきましょう。そして、床や壁、設備など全体的な雰囲気をイメージしながら、内装選びをしていくのがポイントです。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

住宅の購入は、人生において大きなお金の動く一大イベントです。そのため、失敗は絶対にしたくないと思うものです。ここでは、新築一戸建てを住宅購入した人に多い「後悔ポイント」について、建売住宅は寒
続きを読む
新築の一戸建てでウッドデッキも欲しいと検討されている方もいるのではないでしょうか。庭付きの一戸建てを検討する場合、ウッドデッキもつけたいと検討する方は少なくありません。この記事では、ウッドデ
続きを読む
人生のなかでも大きな買い物となるマイホーム。しかし、新築住宅の引き渡しを受けるときには、さまざまなトラブルが発生するケースもあります。この記事では、新築住宅の引き渡し時に起きやすいトラブルや
続きを読む