株式会社ヘルシーホーム

株式会社 ヘルシーホームの画像1
6年連続で岡山県下着工棟数ビルダーNo.1受賞
会社名株式会社ヘルシーホーム
所在地〒702-8041
岡山県岡山市南区富浜町5番10号
電話番号0120-62-7560
代表者代表取締役社長 河井 敏宏
資本金20,000,000円
営業内容木造住宅の施工・販売/ソーラーハウスの施工・販売/リフォーム全般

株式会社ヘルシーホームは、平成4年に設立した岡山県内で事業を展開する会社です。木造住宅の施工や販売、リフォーム全般などさまざまな事業を行っています。

また、6年連続で岡山県下着工棟数ビルダーNo.1を受賞。さらに平成26年には倉敷本社を設立し、さまざまな土地で展示場などもオープンしています。これからますます拡大していく会社の1つとなるでしょう。今回は、そんなヘルシーホームの特徴や魅力をわかりやすくご紹介します。

株式会社ヘルシーホームは「お客様満足・感動」を提供することが使命

株式会社 ヘルシーホームの画像2

ヘルシーホームは「お客様満足・感動」を提供することを使命感に、家づくりに取り組んでいます。ヘルシーホームは取り組みを通し、お客様一人一人からすべてのスタッフに「本当によかった!」「大満足です!」といってもらう、お客様満足度100%を目指しているのです。

実際に、現場オープンサービスである「見せるくん」をはじめ、住宅の資産価値を高める住宅履歴書といった過去が見える「信頼くん」など、夢の住宅が出来上がるまでの過程を、インターネットを通して確認できるようになっています。このようなサービスは、ヘルシーホームが業界で初めて導入したものです。

もちろん「見せるくん」や「信頼くん」以外にも最長60年の安心サポート、24時間365日緊急駆付サービスなど、アフターサポートも充実しているため安心です。このような取り組みから、お客様に満足と感動を提供していることがしっかりと感じられます。

株式会社ヘルシーホームでは業界初の現場オープンサービス「見せるくん」を導入

株式会社 ヘルシーホームの画像3

前述したとおり、ヘルシーホームは業界初の現場オープンサービス「見せるくん」を導入し、見える安心を提供しています。見せるくんとは、職人たちが持つ技術やこだわりをwebカメラを通して見せるものです。

現場には室外カメラが配置されており、インターネットに常時接続されています。そして、お客様はパソコンからカメラを動かし、現場の様子を24時間チェックすることが可能です。

現場まで来られないときや、台風など悪天候のときなどに見せるくんが活躍します。さらに、ヘルシーホームが見せるのは「今」だけではありません。

過去を見せる「信頼くん」も導入し、自宅のパソコンから進捗状況を確認できます。また、信頼くんが収集した施工の全工程データである「住宅履歴書」を渡しているため、現場の詳しい状況や気になる箇所を閲覧可能です。

データはパソコンで保存・閲覧できるため、保管しやすいのが嬉しい点です。家づくりに携わるスタッフだけではなく、お客様自身にも家づくりを実感してもらい楽しませることが、「見せるくん」や「信頼くん」の役割といえるでしょう。

株式会社ヘルシーホームはスーパーストロングウォールで地震に強い家を実現

株式会社 ヘルシーホームの画像4

ヘルシーホームは、スーパーストロングウォールで地震に強い家を実現しています。国土交通大臣認定を取得した9㎜厚のパーティクルボードは、せん断剛性が合板に比べて2倍なので、地震や台風に強い家を作ることが可能です。

また、耐水性が大幅に向上されていることから、木口の膨張がほとんど起こりません。建築基準法では、建物の2階の形状や大きさ問わず1階の壁量が決められます。そんな中、ヘルシーホームが採用するスーパーストロングウォールは、建物に応じて形状や大きさから必要となる壁量を算出します。

そしてバランスよく配置するため、より地震や台風に強い家になっているのです。したがって、災害に対する不安を取り除き、安心して過ごしていける住まいだといえるでしょう。

またその他にも、ヘルシーホームは強度のある構造用の木材を重点使用しています。つまり、一般在来工法の3倍の強度で丈夫な床が、快適な暮らしを実現しているのです。

さらに2階の床から伝わる物音や振動を防ぐための防振吊木をしているため、床から伝わりやすい音の軽減が可能です。地震や台風の災害だけではなく、防音対策まで行える構造になっています。

株式会社ヘルシーホームは認定低炭素住宅や長期優良住宅にも対応

株式会社 ヘルシーホームの画像5

ヘルシーホームは、認定低炭素住宅や長期優良住宅にも対応しています。認定低炭素住宅とは、二酸化炭素の排出抑制に尽くした環境に優しい住宅です。

ヘルシーホームの家は、高性能断熱で一年中快適な省エネ住宅を実現します。高い断熱性と気密性により、夏は涼しく冬は暖かいという快適な環境を作ります。

結果的に冷暖房に頼らず、エネルギーコストの削減にもつながります。また、機密や断熱だけではなく遮熱もプラスしていることも省エネや節約につながる理由の1つです。

暑い夏場は外壁や屋根の温度が50℃~80℃に達することもありますが、高い遮熱性を持つアルミニウムコートによって室内侵入熱量を約35%低減できます。また、ヘルシーホームこだわりの「遮熱高断熱Low-Eガラス」を採用していることから、外気や紫外線もカットします。

紫外線を約86%カットする上に、窓からの熱損失量を軽減できるのです。そしてその他にも、ヘルシーホームは外壁に通気構成法を採用しています。

通気構成法とは、外壁材と雨水の侵入を防ぐ透湿防水シートの間に通気層を設けた構法のことです。通気層を設けることで壁内部に生じる湿気を排出しやすくなり、構造の耐久性をアップさせるのに効果を発揮します。台風などで外壁裏面側に雨水が侵入したとしても、通気層と透湿防水シートによって雨漏りを抑えることが可能です。

まずはカタログ請求してみよう!

ヘルシーホームで理想の我が家を手に入れられそうと感じた方は、まずはカタログ請求してみましょう。ヘルシーホームは「お客様満足・感動」を使命感とし、お客様満足度100%を目指している会社です。

業界初の現場オープンサービスである「見せるくん」や「信頼くん」を導入し、お客様に見える安心を提供しているため、完成するまでの様子をインターネットで確認できます。家づくりに関しても、スーパーストロングウォールを採用した地震や台風などの災害に強い家を建ててもらえるのが特徴です。

認定低炭素住宅や長期優良住宅にも対応していることから、高性能断熱で一年中快適な暮らしを送ることができるでしょう。カタログには、そんな家づくりに役立つ情報がたっぷり詰まっています。ホームページから簡単に請求できるため、気になる方はぜひチェックしてみてください。

株式会社ヘルシーホームの口コミ・評判を集めました

くましげ
ハウスメーカ見学
広告を見て、先日ヘルシーホームさんの展示場に行ってきました! 予約もなしで、フラッと寄ったのですが、受付の方も笑顔で対応してくださり、とても雰囲気が良かったです。展示場に行くのは初めてで、分からないことばかりでしたが、住宅アドバイザーの方も、質問に丁寧に答えてくださり、気になっていた点など詳細に教えてくださいました。

引用元:https://min-myhome.jp/

株式会社 ヘルシーホームは、展示場スタッフの印象が良いようですね!住宅に詳しくない方でも安心して利用できるでしょう。 株式会社 ヘルシーホームは、お客様満足や感動を提供することを使命と考えているハウスメーカーです。新築一戸建てが完成するまで、信頼してお任せできると思いました。建築中、WEBカメラで現場を24時間チェックできるのも嬉しいところです。
じゃがりこ
マイホーム契約・建築中
とても清潔感のある建物で、受付の方も笑顔で挨拶をして下さいました。 打ち合わせの時は、テキパキとしていて少し緊張感がありましたが、分からないことを尋ねるとこちらが理解できるまで、時間をかけて説明して下さいました。 自分たちには少し高いかなと思うものを最初は提案されましたが、予算を提示すると、それに合わせた価格で探してくれました。 マイホームを購入するのは勇気がいることで、色々迷ってしまいますが、親身になって相談に乗ってくれたり、的確な提案をして下さるのでこのハウスメーカーにしました。

引用元:https://min-myhome.jp/

こちらの投稿者さんは、株式会社 ヘルシーホームのスタッフに誠実な対応をしてもらえて良かったですね!予算をきちんと提示すれば、それに合った価格で探してもらえるので、無理矢理高い物件を進められる心配はないでしょう。 株式会社 ヘルシーホームでは、スーパーストロングウォールで地震に強い新築一戸建てを提供している点も特徴的です。
ヘルシーホームの公式サイトを見てみる
SEARCH

新着記事

住宅の購入は、人生において大きなお金の動く一大イベントです。そのため、失敗は絶対にしたくないと思うものです。ここでは、新築一戸建てを住宅購入した人に多い「後悔ポイント」について、建売住宅は寒
続きを読む
新築の一戸建てでウッドデッキも欲しいと検討されている方もいるのではないでしょうか。庭付きの一戸建てを検討する場合、ウッドデッキもつけたいと検討する方は少なくありません。この記事では、ウッドデ
続きを読む
人生のなかでも大きな買い物となるマイホーム。しかし、新築住宅の引き渡しを受けるときには、さまざまなトラブルが発生するケースもあります。この記事では、新築住宅の引き渡し時に起きやすいトラブルや
続きを読む