ミサワホーム中国株式会社の口コミや評判

公開日:2021/12/01  最終更新日:2022/06/13

ミサワホーム中国株式会社
住所:(本社)岡山市北区野田二丁目13番17号
TEL:086-245-3233
営業時間:不明
定休日:不明


岡山市に本社を持つ「ミサワホーム中国株式会社」は、昭和46年創業の老舗ハウスメーカーです。主に住宅、アパート、マンション、などの販売・設計・施工を手掛け、リフォーム事業や不動産事業も展開しています。「育む」というビジョンのもと、より高品質で資産価値の高い住まいを実現するための技術革新に挑み続けている企業です。

独自工法を採用した高品質な「木質パネル住宅」

ミサワホームを代表する壁式構造の「木質系パネル住宅」を紹介します。木質系パネル住宅は、壁パネル、小屋パネル、1階床パネル、2階床パネル、屋根パネルの5種類の木質パネルから構成されています。

安定した品質と性能が実現できるように、工場にて邸ごとに生産しており、さまざまな要望にきめ細かく対応できるようサイズや形状の異なるパネルが豊富に用意されています。接着によって「面」で接合された木質パネルは、強度が高く、耐久性や防耐火性、断熱性に優れています。

この木質パネルの利点を最大限に活かした、独自の木質パネル接着工法によって、より強固でより快適な住まいを実現しています。さまざまな外力を建物の「面全体」に分散してバランスよく受け止めることで、接合のズレや破損などが生じにくくなり、高い耐風性や防耐火性などの安全性能、高い断熱性・気密性などの快適性能を可能にしています。

新仕様の「センチュリーモノコック構法」は、120mm厚のパネルを採用し、高耐力仕様を標準としているので、耐力壁のせん断耐力は従来の約1.3倍を誇っています。独自形状のアンカーボルトやスクリュー釘を用いて耐震性も強化しているので、万が一のときも安心です。

業界最高水準の高い断熱性能を発揮したこの構法なら、ZEH基準の断熱性能を満たしたまま大空間や大開口を取り入れることが可能となり、設計の自由度や快適性が増します。各工程で高いレベルの品質基準を設け、独自の検査体制で施工の品質管理も徹底することで、安心の住まいを実現しています。

従来の工法と最先端の技術を融合した「耐震木造住宅」

ミサワホームの耐震木造住宅「MJWood」は、伝統的な木造軸組工法に数多くの最先端テクノロジーを導入しました。構造材は無垢材ではなく、性能と品質の優れた「構造集成材」を採用し、構造体の主要な部分は、接合金物とドリフトピンで緊結する「MJメタルジョイント」を採用しています。

「ほぞ」と「ほぞ穴」で接合するよりも強固になり、工場でプレセットしているので、現場作業の精度も高く、短工期で建てることができます。接合金物には防錆処理を施しているため、耐食性・耐久性に優れています。

従来の木造住宅で懸念されていた、地震などの際にゆれが生じやすいという点も、「MJWood」では制震装置やねじれを抑える間口フレームをプラスすることで、大地震に対してより安心な住まいを実現し、かつゆとりある空間づくりも可能となりました。

先人の知恵や工夫と先進技術を融合し、一年中心地よく過ごせる住まいづくりを提案しています。わずかなアイテムの変更や追加をすることで、政府が推奨している「ZEH(ゼッチ)仕様」の断熱・省エネ・創エネの3つの基準も満たすことができるので、より地球にも暮らしにも優しい住宅を目指せます。

耐震木造住宅「MJWood」の優れた性能や安心が長く続くように、充実のアフターサービスも用意されています。「構造体初期保証35年」をはじめとした業界最長クラスの保証、定期巡回・定期点検サービス、365日・24時間体制で受付を行っているコールセンターもあり、災害時のサポート体制も万全なので、万が一のときにも心強く安心です。

施工後の暮らしを支える充実のオーナーサポート

ミサワホームでは、住まいを通じて暮らしを見守る「住まいるりんぐシステム」というロングサポートシステムを実施しています。

ミサワホームで建てた住宅について、「長期初期保証」やアフターサービス・メンテナンスをなどでサポートし、必要に応じてミサワリフォームで、ライフスタイルに合わせたさまざまなリフォームの相談をできます。

賃貸事業などの資産活用や住み替えなどの不動産活用などの相談をすることもでき、ライフスタイルの変化や状況にともなう困り事を、大手グループならではの組織力で各種サポートしています。

また、オーナー専用「ミサワオーナーズクラブ」のWebサイトもあり、住宅のメンテナンス履歴やポイントサービスを利用できます。自分でできるお手入れ方法が動画で紹介されていて、防災やリフォーム情報など、暮らしを便利に豊かにするメニューがたくさん揃っています。

 

ミサワホームは、長い歴史の中で、常に住まいづくりの技術革新に挑んできました。「環境・暮らし・家族・日本の心」の4つを育むことをコンセプトに、日本の風土に適した伝統の工法と先進技術を合わせ、安全で快適な、人にも地球にも優しい住環境づくりを提案しています。

ミサワホーム中国株式会社を利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

70代 男性

マイホーム建築10年以上

【アフターサービス】

新築引渡し後は1ヶ月に1度営業担当者と建築業者が訪問をしてくれていました。その後は半年に1度営業担当者が訪れて来て不具合箇所が無いかと確認をされていた。築33年になりますがは営業担当の方がたまに訪問して来られます。またミサワホーム発行の月刊誌が3ヶ月に1度送られてきております。サービス面で考えますと良く対応して貰っていると思います。

【老朽度具合】

現在築33年を経過しましたが基礎のコンクリート部に一部鉄筋の出ている個所が見られますが大きな老朽では無いと思います。また窓枠のガタつきや屋根の雨漏れ等も見られません。室内の壁紙やカーペットとフローリング類は汚れや痛みがが酷かったので10年前に改修しました。

【住んでみて良かった点】

建築する前にハウスメーカーの営業担当者といろいろと話をしましたがとても親切で私たちが気が付かない点をアドバイスして貰い非常に助かりました。初めて家を建てる者にとって全てが分からないことばかりだったので本当に頼りになるハウスメーカーさんでした。

【住んでみて気になった点】

ただ気になるのは建物の仕切り壁の厚さが薄く防音効果がされてない事です。当初はあまり気にならなかったのですが子供たちが成長して来るにつれて若い者たちの生活音が気になるようになって来ました。そこまで慎重に考えてなかったことが今になって悔やまれます。

【アドバイス】

とにかくいろんな場合を想定して設計段階から間取りやコンセント配置とテレビ端子の配置等を考慮することです。子供さんがまだ小さい方は将来その子たちが高校生になった場合まで考えてください。それと間取りでは日差しが各部屋に十分当たるよう家全体が明るくなるようなデザインを取り入れられることを推奨したいと思います。

引用元:https://min-myhome.jp/

築33年になっても営業担当の人が訪問し、不具合がないかの確認に来てくれるところから建設後の付き合いもきちんと行っている住宅メーカーであると考えられます。また大きな老朽もなく、雨漏りなどもない点からもつくりがしっかりとしていることがわかります。
建築前の対応も非常に丁寧であり、初めての注文住宅でも安心して依頼できると考えられます。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

住宅の購入は、人生において大きなお金の動く一大イベントです。そのため、失敗は絶対にしたくないと思うものです。ここでは、新築一戸建てを住宅購入した人に多い「後悔ポイント」について、建売住宅は寒
続きを読む
新築の一戸建てでウッドデッキも欲しいと検討されている方もいるのではないでしょうか。庭付きの一戸建てを検討する場合、ウッドデッキもつけたいと検討する方は少なくありません。この記事では、ウッドデ
続きを読む
人生のなかでも大きな買い物となるマイホーム。しかし、新築住宅の引き渡しを受けるときには、さまざまなトラブルが発生するケースもあります。この記事では、新築住宅の引き渡し時に起きやすいトラブルや
続きを読む