前もって知っておきたい!住宅購入時の営業マン選びのポイント

公開日:2022/03/15  最終更新日:2022/04/13


なにかを買おうと思ったとき、「この人売り込み強いな」という営業担当者っていますよね。その商品が本当に欲しくても、なんだか不信感を持ってしまうこともあります。でもその感覚は、住宅購入時にはとくに大事にしてほしいものなのです。今回はそんな住宅の営業マンに注目して、家購入の重要ポイントを学んでいきましょう。

すぐにローンの話をしてくる営業マンは要注意

不動産業界は、昔から「営業が強い」というイメージがないでしょうか。というのも、給与に関して歩合制がほとんどであり、契約が取れないと生活すらも危うい、なんてこともありえるからです。とにかくたくさん契約を取って、自分の給料を上げたいと思うのは当たり前ですよね。

ただ、それがあまりにも前面に出てしまって、お客さんの事情をまったく考えられていないとしたら、問題になります。だから、自分の都合最優先で早く住宅を売ろうとする営業マンには要注意なのです。その中でもとくに危険なのは、すぐにローンの話をする営業マンです。ローンの事前審査が通ったとなると、家を購入する流れにどんどん乗っていってしまいます。確かに、借り入れについて詳しいアドバイスをもらえることもありますが、「まだこの不動産会社とローンの話をする段階じゃない」と思ったら毅然と断るようにしましょう。

他にも、期日を決めて契約をすすめてくる、焦らせてくる営業マンにも、同様の理由で注意が必要です。「すぐ決めないと他の人が買ってしまいますよ」などというセリフはよく聞きますが、あまり人気でない物件でもこの営業文句を使います。展示場やハウスメーカーに相談に行く前は、住宅の立地から相場は把握しておいて、本当に他の人が買ってしまいそうな人気な物件かどうか、自分で判断できると安全ですね。

他のポイントでいえば、営業マンが話す内容にも注目です。あまり信頼の置けない営業マンの傾向として、よく喋るという点があります。続けざまに自社製品のよいところをアピールしようと焦ってしまうからです。もちろんそのハウスメーカーが持つよい点が聞けるのも大切ですが、それがこちらの要望に合うかどうかがもっとも大事な点です。そこをおろそかにしている営業マンは危険といえます。こういった点に注意しながら営業担当と話すようにしてみてください。

親身になってしっかり話を聞いてくれる営業マンを選ぼう

ここまで注意すべき営業担当について見ていきましたが、反対に安心できる営業マンとはどんな人なのでしょうか。

一番気にしてほしいのは、双方向でコミュニケーションが取れているかという点です。売ろうという姿勢の営業マンは、自分のアピールだけして、コミュニケーションが一方通行になりがちです。お客さんの話を聞くことが後手に回ると、その人の本音を引き出せずに話が進んでいくことになります。自分の意見がまったく通っていない住宅を購入するなんて、恐ろしいですよね。

だからこそ、お客さんの話を聞くという単純な行為が非常に重要なのです。また、住宅を買うというのはそうそう頻繁に訪れることではありません。そのため、みなさん少なからず不安・疑問を抱いているはずです。身近な不動産のプロは、まさにこの営業マンです。分からないことがあるからこそ、営業マンはなんでも相談できるような人がよいでしょう。

お客さんに寄り添って、不明点もちゃんと解説してくれるのがよい営業担当ですね。こういう人にあたるのはなかなか難しいものです。実際に対面してみないとわからないもののため、どんどん会っていくしかありません。大変な過程ですが、ここのところはがんばって最適なパートナーを探したいものです。住宅はよいのに営業担当が気になるという場合は、同じメーカーの違う営業所や住宅展示場に行ってみるのがおすすめです。

営業マンの良し悪しで希望に沿った家を購入できるかが決まる

営業マンがお客さんの意見や不安・疑問をしっかり聞いてくれるというのは、家のクオリティに直結します。なぜなら、お客さんの事情をよく知らなければその人の家族や生活に合った家の販売はできないからです。

また、よい営業マンは売ることに囚われていないので、柔軟な提案ができます。家族の中でも住宅に求める要素が異なって意見が割れてしまったとき、うまい営業マンはどちらの意見も組み込めるような折衷案を出してくれます。また、資料には書かれていないような、お客さんがまだ知らないような、プラスアルファの情報まで踏み込んで話してくれるようです。

その他、自分が売っている住宅のデメリットの話もしてくれる傾向にありますよ。こんなふうに、アピールだけではなく客観視できる余裕のある営業マンも、力があるといえるでしょう。

 

住宅メーカーで話を聞いていると、設備やデザインなどに目が行きがちです。でも本当によい住宅のアイデアを引き出せるかどうかは、営業担当の手腕にかかっています。最初に話をしてみて違和感を持つようなら、その人にお願いするのはやめましょう。自分のフィーリングを大事にしつつ、住宅メーカーを決めてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

マイホームの購入は、一生で一番大きな買い物と言われます。そのため、後悔しない買い物にしたいですよね。その中でも新築と中古のどちらの物件を購入すれば良いのでしょうか。新築と中古それぞれに魅力や
続きを読む
家の購入を考え始めたら、訪れたいのがハウスメーカーの展示場です。住宅に関する疑問を解消したり、プランをより具体化したりするのにも、欠かせないステップですよね。そんな住宅展示場、何も準備せずに
続きを読む
なにかを買おうと思ったとき、「この人売り込み強いな」という営業担当者っていますよね。その商品が本当に欲しくても、なんだか不信感を持ってしまうこともあります。でもその感覚は、住宅購入時にはとく
続きを読む