新築一戸建てを鉄骨造で建てるメリット・デメリットについて解説!

公開日:2021/12/15  最終更新日:2021/12/24

新築一戸建てを建てる際、鉄骨造にするか木造にするか悩まれる人もいるのではないでしょうか。日本の一戸建ての多くは木造といわれていますが、木造住宅のデメリットから鉄骨造を選ばれる人もいます。この記事では、鉄骨造の新築一戸建てについてまとめています。

鉄骨造住宅の特徴とは?

鉄骨造の住宅にはどのような特徴があるのでしょうか。まず、鉄骨造の住宅には、2種類あります。ひとつは重量鉄骨、もうひとつは軽量鉄骨です。

鉄骨造住宅は、柱や梁に鉄骨を利用している住宅のことを指します。重量鉄骨の住宅は、厚さ6mm以上の鉄骨が使われています。軽量鉄骨は6mm未満の鉄骨が使われています。

ただし、住宅の場合は、軽量鉄骨を使うのが一般的で、重量鉄骨は商業施設やビル、集合住宅などで使われています。

鉄骨住宅の工法について

鉄骨住宅では、軽量鉄骨ブレース工法という方法で建築されることが多いです。この方法は、軽量鉄骨を使って骨組みをつくり、対角線を繋ぐブレースで補強し、ボルトで連結して組み立てていくというものです。

新築一戸建てを鉄骨造で建てるメリット

新築一戸建てを鉄骨造で建てるメリットについてまとめておきます。

間取りの自由度が高くなる

新築一戸建てを建てるにあたり、理想の間取りにしたいと考える方は多いでしょう。間取りによって家事導線も生活導線も変わってきます。できるだけ暮らしやすい間取りにしたいと思うでしょう。

鉄骨を使って建てる場合、間取りを自由に組みやすいといわれています。これは、材料の寸法が木材より自由に作りやすいからです。木造住宅では難しいとされる間取りも鉄骨の場合は可能となることもあるでしょう。

間取りが自由になる分、土地選びでも選択肢が増やせます。日当たりが悪いとされる場所も、間取りを工夫して日の光が入りやすいようにすることで、日当たり問題を解決することが可能です。

害虫に強い

木材を使用した木造住宅の場合、シロアリなどの害虫被害に遭ってしまうというリスクが高いです。しかし、鉄骨の場合は、シロアリの発生リスクを減らすことができます。湿った木材に発生しやすい害虫ですが、鉄骨の場合は金属なので、発生することは少ないのです。

しかし、鉄骨造りでも、木材をまったく使用しないということは難しいため、鉄骨造りでも木材を使用した箇所でシロアリが発生してしまうという可能性はあるでしょう。事前に対策をする必要はあります。

作業する職人の腕に左右されにくい

木造住宅の場合は、作業する職人の腕で仕上がりに差が出てしまうことがあるといわれています。しかし、鉄骨の場合は、そのような心配がありません。

組み立てる際も、木材の場合は熟練された職人さんが行わなければ品質が安定しないとされていますが、鉄骨の場合は比較的誰が作業しても同じように仕上げることが可能です。

新築一戸建てを鉄骨造で建てるデメリット

新築一戸建てを鉄骨造で建てるデメリットについてまとめておきます。

地盤をしっかりさせなければならない

鉄骨の場合、木材よりも重さがあります。そのため、地盤がより安定していなければ、住まいを建てることができません。地盤補強が必要になることが多いです。そのため、地盤補強にかかるコストも上乗せされ、建築費用は高くなってしまいがちです。

コストが高くなる

木造住宅の場合は、木材をそのまま使うことができますが、鉄骨の場合は加工をしなければ使うことができません。このようなことから、コストが高くなってしまいがちです。鉄骨の重量が重くなるほどコストは上がります。

錆びる可能性がある

鉄骨造りは、錆びてしまう可能性があります。錆びないための対策を行うことで、防ぐことはできますが、年数と共に建物が弱くなってしまうので、修繕は必要になるでしょう。空気に鉄が触れて結露が発生すると錆につながってしまうので、断熱対策もしっかり行いましょう。

火事による倒壊リスクがある

木造住宅のように炎が燃え移るというようなことは少ないですが、倒壊するスピードは木造より早いといわれています。万が一の時に備えた避難経路の確保はしておきましょう。

木造と鉄骨どちらがよい?

鉄骨住宅は、住宅の資産価値を下げたくないという方や、都会に住まれていて、高層の住まいを検討されている場合に向いているといえます。

鉄骨住宅は、木材住宅と比べると、資産価値が下がるスピードが緩やかといわれていることから、将来住まいを売るかもしれないという場合も、鉄骨造りにしておいたほうが、価値が下がらずに済むでしょう。

しかし、多くの日本の一戸建て住宅が木造であるという点から見ると、木造のほうがよりメリットが大きい部分もあるため、よく検討しましょう。

 

新築一戸建てを建てるメリットやデメリットについてお伝えしました。鉄骨造りの住まいは、丈夫なイメージがありますがデメリットもあります。ハウスメーカーや工務店などとよく相談して決めるようにしてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

マイホームの購入は、一生で一番大きな買い物と言われます。そのため、後悔しない買い物にしたいですよね。その中でも新築と中古のどちらの物件を購入すれば良いのでしょうか。新築と中古それぞれに魅力や
続きを読む
家の購入を考え始めたら、訪れたいのがハウスメーカーの展示場です。住宅に関する疑問を解消したり、プランをより具体化したりするのにも、欠かせないステップですよね。そんな住宅展示場、何も準備せずに
続きを読む
なにかを買おうと思ったとき、「この人売り込み強いな」という営業担当者っていますよね。その商品が本当に欲しくても、なんだか不信感を持ってしまうこともあります。でもその感覚は、住宅購入時にはとく
続きを読む