新築一戸建てを購入する際に必要な書類とは?注意点もチェック!

公開日:2021/12/15  最終更新日:2021/12/24

人生の中で一番大きいお買い物といえるマイホームは、購入する際の必要書類が多くあります。書類に不備があれば、購入が滞ってしまいます。ここではその必要書類について解説しているため、何を用意すればいいのかわからないという人は、ぜひ読んで理解をしていただきたい内容となっています。

新築一戸建てを購入するまでの流れ

物件の問い合わせから売買契約、引き渡しまでの一連の流れを把握しましょう。

探し始め~売買契約

物件のお問い合わせ(資料請求)から、不動産会社に現地見学の予約をします。不動産会社から類似の物件など紹介される事もありますので、興味があれば見学ができます。

また、探し始めであれば資金計画をたて、最適な物件価格を絞ります。ライフスタイルに応じた条件に沿って見学を重ねていき、よい物件があれば売買契約の締結に進みます。

その際、住宅ローンの仮審査が通過していなければ契約ができない事が多いため、銀行を選んで仮審査の手続きを進めておくのがおすすめです。

売買契約~現地立会

物件の重要事項の説明が済んだら、手付金を売主に渡し売買契約を交わします。締結後は、住宅ローンの本審査を進めます。本審査が無事に承認となったら、銀行とお金を借りる契約(金銭消費貸借契約)をします。

売買契約後は、住宅ローンの本審査を優先して進めていくことになります。住宅ローンが本審査で落ちてしまう事も稀にありますので、今後の引き渡しまでのスケジュールに余裕を持つためにも率先してローンの手続きを進めていきます。

お金を借りる契約が完了する頃、新築一戸建ての場合は、「現地立会」という、建物の傷や建付け不良がないかの確認や、設備の具体的な使い方や注意点の説明を売主から受ける機会があります。

鍵の引き渡し(残金決済)

立会が終わったら、あとは鍵の引き渡しを待つのみです。引っ越しの準備や水道、ガス、電気等のライフラインの利用開始手続き、インターネットの契約等、やることは盛りだくさんです。

残金決済当日は、売主、買主、司法書士が全員銀行に集まり、銀行からの融資の実行が行われたと同時に、売主へ残金を支払います。なお、司法書士への登記費用、仲介業者への手数料も同時にその場で支払います。すべての支払いが終わったら、いよいよ新築一戸建ての鍵を受け取ることができます。

新築一戸建てを購入する際に必要な書類

大きく分類して必要な書類は2つ、「収入(借入)関係の書類」「本人確認書類」です。現在の勤め先の規模や勤続年数、収入や借入、車のローンの有無などで、必要な書類は変わりますので、必ず不動産会社や金融機関に確認をして書類を用意してください。

収入(借入)関係の書類

必ず使うのが、最新の年の源泉徴収票です。住宅ローンがいくらまで借りられるのか計算する指標になり、審査の時に銀行に提出します。

まだ1年働いていない場合は、貰っている給与明細、賞与明細をすべて用意しましょう。場合によっては会社から給与証明書を発行してもらう時もあります。

フリーランス、個人事業主、会社役員の人は、確定申告書や会社の決算書の写しを求められる事があります。直近3年分は用意しておきましょう。

車のローンや住宅ローン、教育ローンなど借入がある際は、借入の詳細がわかる書類が必要です。クレジットカードや消費者金融、その他ローンもすべて住宅ローンに影響します。リボ払いや分割払いを利用している場合は、利用可能な枠や残高が分かる明細、返済予定表を用意してください。

クレジットカードの枚数が多くなり、延滞や未払いが把握できない時は、CICという個人信用情報機関からインターネットで照会をすればすべての情報が確認できます。

本人確認書類

日本国籍の人であれば、免許証やパスポートがあれば大丈夫ですが、手元にない場合は健康保険証や住民票、印鑑証明書等で本人確認をします。外国人の人は、在留カードが必要です。

銀行の手続きや登記手続きに、住民票と印鑑証明書、課税証明書(非課税証明書)を使用しますので、市役所・役場で取得しておきます。銀行用と登記用で複数枚必要になりますので、詳細は不動産会社や銀行にお問い合わせするようにしましょう。

新築一戸建てを購入する際に必要な書類に関する注意点

住民票を取得する際は、本籍とマイナンバーの記載は不要です。家族全員記載で取得するようにしましょう。

収入関係の書類は、会社から再発行が可能です。源泉徴収票や給与明細を紛失してしまった場合は、会社から再発行してもらうよう依頼をしておかないと、いつまでたっても審査が進みません。不動産会社や金融機関から求められた書類は、速やかに用意ができるようにしておきましょう。

 

自分ですぐに用意できるものは、役所に行けば取得できますが、収入関係は会社が発行するため、時間がかかる場合があります。とくに契約前の仮審査の段階では、気に入った物件がある場合、審査に時間をかけている間に売れてしまう可能性があります。収入関係書類、本人確認書類を今一度確認してスムーズな手続きを心がけましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

住宅の購入は、人生において大きなお金の動く一大イベントです。そのため、失敗は絶対にしたくないと思うものです。ここでは、新築一戸建てを住宅購入した人に多い「後悔ポイント」について、建売住宅は寒
続きを読む
新築の一戸建てでウッドデッキも欲しいと検討されている方もいるのではないでしょうか。庭付きの一戸建てを検討する場合、ウッドデッキもつけたいと検討する方は少なくありません。この記事では、ウッドデ
続きを読む
人生のなかでも大きな買い物となるマイホーム。しかし、新築住宅の引き渡しを受けるときには、さまざまなトラブルが発生するケースもあります。この記事では、新築住宅の引き渡し時に起きやすいトラブルや
続きを読む